0dx / FPBJPC

2016年、Sean McCannが運営する音楽レーベルRecitalから友人が残した留守番メッセージだけをまとめたアルバム「a channel, dedicated to Michael」を出版、その後に発表された作品も想像を上回るむき出しの表現ばかり、当店が自身を持ってお勧めしたい美術家Eric Schmidのことを調べているとそれ以前の活動や彼が所属?しているコレクティブのことが見えてきました。
Eric Schmidだけでなく、彼の仲間たちも素晴らしいアーティストばかり。このページはその全貌を把握するために制作しました。

オンラインで発掘できた一番古い情報は、2012年ごろに設立された0dx。

スーパー?みたいな場所での展覧会「smilers」、教会での一日展「mutter der mann mit dem koks ist da」などの展覧会を企画・開催、Eric Schmidのポストカード型ソノシート「Noise Ethics」などの出版を行っています。
グループ展に参加するアーティストは超豪華だし、めちゃくちゃかっこいい展示ばかり。コンテンポラリーアートダイアリーに記事が載ったり、日本で話題になってる感じは一切ないけど、アメリカではちゃんと評価されてるのかな。

2016年、0dxのうち Ben Schumacher、Eric Schmid、Jonathan Gean、Michael "Mike" Pollard、Peter Friel、の5人はレーベル兼コレクティブ FPBJPC(フランコ・ポリッシュ・ブラック・ジーンズ・ポルノ・クラブの略)を立ち上げました。
オフィスビルのラウンジで3時間限りの予約制展覧会「Anita Pallenbergl」、貨物トラックでのゲリラ展「The person I love the most is an artist.」、実験音楽界の重鎮Idea Fire Companyとの共演「Eric Schmid 2013-2016」など、0dxより更に挑戦的な展覧会を開催したり、メンバー5人でジャズスタンダードを演奏するレコード「The FPBJPC Quintet」、メンバーと友人がみんなで好きな歌を歌うレコード「House Music」 、映画監督ジュリアン・シュナーベルの娘、アートディーラー ヴィト・シュナーベルの妹の女優ステラ・シュナーベルについてのサウンドドラマ作品「Stella Schnabel」、人が初めてポピュラー音楽・実験音楽を意識した時の雰囲気を作品にしたような「Music Music」などを出版。

WorkStation.とエメラルドクリトリスを足したような雰囲気で、しっかりと美術教育を受けたっぽい人たちが、大胆に自分の興味のみを表現していてすごい。どの展覧会の記録写真を見てもお客さんけっこう来てるっぽいし、100部くらいの出版物はちゃんと売り切れるし、こんなにも周りを気にしない実験的な表現がちゃんと知られて評価されるってすごいよなぁ。

隣の芝生は青く見えるって悲観的にじゃなく、自分の知ってることだけで満足せずに、いつまでも未知なる何かに期待し続けたい。日本でも流行りじゃないこういう自由な表現がもっとあるはずだし、ちゃんとそういう物事を見つけて発信したい。まだまだ知らないすごいことだらけだ。


Ben Schumacher
ニューヨークを拠点とする美術家。2017年には巣鴨の現代美術ギャラリーXYZcollectiveにてVeit Laurent Kurzとの二人展「Almenrausch」を開催。おそらくこの5人の中で一番知名度と実績を持つ方だと思います。
取り扱い商品は、Eric Schmidとの共作クラップテクノソング7インチ"Chicago-Vienna Acid"(0dx, FQW, FPBJPCから共同出版)。

Eric Schmid
シカゴを拠点とする美術家。音楽作品以外にも、絵画・立体作品など、既製品や既存の価値観を用いたレディメイド的作品を制作しています。
これまでリリースした音楽的作品は、聖なる(もしくは邪悪な)なにかをモチーフにしたSean McCannとの共作シリーズ、好きな歌をただ歌うだけのアカペラ作品"Greatest Hits"、酔っぱらったある夜に即興で弾いたピアノ音源“Do not operate heavy machinery (B maj)”など。
その他にも、哲学者Alain Badiouの本?に自身のこれまでの美術作品や落書きを上書きしたアートブック+ものまね音源を付属した作品集”Alain Badiou”や、美術家としての決意表明を録音したカセットテープ"Artist Statement"などを発表しています。

Jonathan Gean
この5人の中で一番謎の人。オンラインで発見できた作品は0dxとFPBJPCの共同企画の個展「N.I.」と「puddles (N.I. 2)」。
Erich Schmidの個人出版レーベルEdition Erich SchmidからミックスCD"M + E + M = 3"をリリースしています。

Michael "Mike" Pollard
ニューヨークのプログラマー、Eric Schmidの代表作“a channel, dedicated to Michael”の生みの親。2017年にリリースされたSean McCannとEric Schmidが共同でリリースしたミックスCD"Our Friend Eric"は歴史に残る大名作だと思います。
過去には「Arbor」という音楽レーベルを運営。友人が考えた仮説なのですが、もしかしたらEric SchmidはMike Pollardがでっち上げた架空の人物なのかもしれない。それを友達とみんなで崇め奉ってる?のかも。

Peter Friel
この5人のリーダー的存在な気がします。Discogsによると、複数の名義で音楽を作っていたり、Mike Pollardといくつもの音楽ユニットを組んでいたり、活動歴はかなり長い人みたいなのですが、最近見つけたサウンドクラウドのフォロワーはまだ60人ほど。
取り扱い商品は、Eric Schmidとの共作7インチ“Password / Chamber Music”、他メンバーも共に参加しているこういう雰囲気の音楽を詰め込んだ素晴らしいコンピレーション"Cellar Vol. 2"など。2017年には新たに音楽レーベル"prestige and poverty"をスタート。グループとしてだけじゃない個人活動にも注目していきたいと思っています。

ˇÿˇ‡‹ãõ˛úÜV±œ<‘z/^¬
à Ú"À≈uBààààààààààààà䮄.!£RMáâDWh®ù+≤∑ÃΩJô„ß`Ãˇ À®üo˝M
ƒuSGì\@›so≤DÓΩÖØ „cîé·bµ˘b-%Æ#ÇC1i∏6S-sjYc£∆„<¡U£≈Lpº›§‰}è±[Œ÷Ky°h¶ÅªW6Ÿqp∞#\≈Ìã◊∞ÇA–Éb;◊ä˙®àààààààààäOã∂Áüò›<NÉ‚£∆§2 “–_‚´‘º≤'8keºQâedN—Œh=ƒÄ|îmdŸûO}ïïzéë“»»ÿ.˜ê÷ãÅw¬ÁMJ¶¢ùÃqc⁄Ê9¶≈Æyw)`çÅm,éïÊGm7V—Mlfi
OYì l” y≥ÎêÊ8øf«∏Ëw,\ggÁ§vY„s9;{ı^4?j‘LÃf;Á˘¶ı¶l[z"î¿vjj¬ˆ¿Á0π¡§Çmq}∂ı wΩ¨n'Ä 6
-~1ÅOJ‡ àÃdÍ.Zn9Ç“VÀ\◊ M7AS3û≤ó7}t? ¶0Õ`î~ãæÀ™”‰Ê;çπ¸3sÇVÓ √º8G8sXXLY¶`Ôø†ø¡UåMöS›Ò◊ÓWp˘Ry1«Ï¬æU ]s‰flQ£3ˇˆÔÒƒyÖ‘z?⁄<≤2 o ‰Â|r€pÒ"÷Áo8´qC/ƒ{\ºµ(0¿rπƒfi;CºÜÇ;é€.çCZŸ£d¨7k⁄fl/Ρ_X’’eôCFgºŸ†õ
◊$û@,ĺâ◊%–^¢≥To…ÂΩ˜:ˆ#ï∆ÔèÚŸx¿o›#ı6>Âã"ŒEçLe$ô€h–Kç˘ónÚ^îõ∂Õm/†ø}∏",Lo˘=<≥Xí∆ ÃO:ñ¥ñá›ofi<¡fi¥fÏ~7õ´Î*-∫ˇ Ǻ∆Îç E‘êÕ⁄i»„»\·¡[˘ ’“∑˜≥{ö≠‘cÕ`Ài√Ï¢ÀûKÒF0fl[Ëykk.Í]n≤[pG‚0·€k<Óµ ∆Ø√ùãM˜XÎÈΩbΩ2ó∫‰û'ä.õM¬†–Êã8ʺ¶©tOo‡GWGÿΩ∞õ‹ò{mfib“ó1ƒjπ√Ö’tŒÖ˜É£áΩrÎ)#pù6pW`ù—ªEˆ8}CÓ5iÿx”lxpA

SMILERS

 

 

 

 

5/10/2013

STAGE 5/17/2012
SPIT 9/28/2013
STEPS AWAY 8/28/2014
memorial drive

12/23/2014

 

from whose ground heaven and hell compare 7/21/2014
Celtic Gesthaus

01/07/2015

THA SICCNESS 03/24/2015

Camp Entity

Eyes of the Gorgon

Medusa III

04/30/2015

 

 

 

 

 

N.I. 06/13/15
AFIGAIBILTFOTF ?
mutter der mann mit dem koks ist da 07/31/15
"hey come meet ________" 2015/11/05
interpol  
The person I love the most is an artist. 2016/04
Mains Hum 2016/04
"Connor Camburn" for 0dx  
hüttendasein   tuesday, 24th of may
puddles (N.I. 2) 06.01.2016
Eric Schmid 2013-2016 09/18/16
October 02, 2016
Australian Courier Africa Schnitzel Oct 30, 2016
   
0dx Label  
FPBJPCCatalogKavita B SchmidN.I.Our Friend EricHey Come Meet _____The person I love most is an artistPiano Sonata After A Conversation With Jonathan GeanEric Schmid 2013-2016 Homage To Martin KippenbergerMusic MusicMichael Pollard Piano Sonata After a Conversation with Jonathan Gean with Lauren Burns-Coady and Ben SchumacherScheiße MusikSelf TitledNoise EthicsAustralian Courier Africa SchnitzelThe FPBJPC QuintetFish N ChipsConcertperformanceAnita PallenbergHouse MusicChicago-Vienna Acid

フランコポリッシュブラックジーンズポルノクラブ

嫉妬の適切な考慮の間の摂理から

ついに人々は愉快に考えられた正義を得た

最初の人はジャズのペニスを冷やす

見通しはちょうど普通の幼稚園になる

正義を生み出した新鮮な計画は忍耐強く崩壊する

ついに人々は揺るぎない丁寧な習慣を破る

フランスポーランドは旅を思うようになりました

集合して5つの肖像画が結合される

遠く離れた農民は、考慮されたジャケットを曲げる

5ペニス大きなジューシーなプレスコック

フリードマンは進歩するが、ただ丁寧に対応する

Freedmans政治的なボールジャッキングはキャンペーンを罰する

フィッツパトリックは心地よく司法権を求めます。

フリードマンは今すぐに生まれたばかりです

法廷で信頼される5人の詩人

fridayは最高のジュースプレスコンクールを贈呈

堕ちたペニスは巨大な交尾に加わる

新しく印刷された本ジャーナリズムのピアレビュー

おそらくペーターブッカージョイスのために? cmon!

ジャーナリストがかなり先延ばしにしているため、友好的な見通し

フィードマンポレンタが、

逃亡者パンチの兄弟は純粋にクレイジー

著名なバハマのジャーナリスト純粋なごまかしから

自由な政治兄弟はおそらくそうではありません。

Fpbjpcは、英国のジャンクケットの可能な理解力を素敵に提案します

新鮮な白っぽい黒人

裁判官5人が事前判決を下す

ちょうどザーメンを乞うフレキシブルペニス

牧草地ベリージャムエビのカクテル

ファックしているパンクは、ポストクラッシュを妨害している

最後に、人々はイエスが十字架についたことを信じる

感情的な精神的な感情は、

おしゃべり

父は常にジャックのペニスを叩いてください

嫉妬の下で人々を許す

Flexiおそらく最高のジョブポストカード

有名な陰茎ビネスジャーナリズム出版義務

正式に大​​きな正当な出版コンセプトを提供する

有名な出版社ですが、ちょうど亀裂を押す

有名な陰茎はちょうど完全に交尾を曲がった

フェローは、最高のジャーナル出版会社

ゼリーポット認識のために率直に

火事警察が正義を訴追して腐敗を起訴する

ピーターだけが気にする5人

司祭たちを激しく罵倒する

Fter-aay perm  -  say a bnormal-aay jection-ey pirited-say conomy-eay

霧のピギーバックの旅が正しいことを証明する

フリエール教授は愉快な絵のクラブを生み出します

ひどく傷ついたキャラクターベンを怒らせる
inserted by FC2 system